高齢・障害者の福祉介護DVD専門|ピース・クリエイト|ごあいさつ

 ご挨拶
ホーム > ご挨拶

ピース・クリエイトロゴマーク

                   
                              
上村信恵(宮崎信恵)

 
ご 挨 拶

代表取締役  
上 村 信 恵  監督(宮崎信恵)




私は、これまで40年近くを、障害者や高齢者の問題をはじめ、生と死の問題、ボランティア、国際協力、男女共同参画社会づくりなどをテーマとした映像の企画プロデュース、監督として、数多くの作品を製作して参りました。


これらの作品は、毎年、短編映像を対象とした優秀教材映画選奨(教育映画祭)におきまして文部科学大臣(文部大臣)賞や優秀作品賞をはじめ、日本産業映画ビデオコンクールにおきましても文部科学大臣賞をはじめ、部門最高作品賞、奨励賞など数多くの賞を受賞するなど、社会的にも高く評価され、学校教育、社会教育の現場で大いに役立てられています。


なかでも、高齢者、障害者の保健・福祉、介護関係の映像作品は、人々の福祉意識の啓発とケアマネジャーやホームヘルパーなど介護や福祉の現場で働く人材の養成に大きく寄与しているものと自負しております。

そうしたこれまでの経験を更に活かすべく、新会社・ピース・クリエイトを設立いたしました。


ピース・クリエイトの基本理念は『愛と平和と信頼』です。 
福祉は、全ての人が尊厳をもって幸せに生きられる平和な社会でこそ実現できるものだと思いますが、ピース・クリエイトは、社員一同が『人を愛おしむ心』を大切に、誠実に信頼の得られる作品づくりに心がけ、これからの映像文化の向上に努めて参ります。


そして、これまでの映像製作を通して築かれてきた幅広い分野での専門職の方々との信頼関係を大切に、福祉の現場で働く人材の養成と、ノーマライゼーションの理念を広く社会に浸透させるべく、福祉教育映像をはじめ、今日の介護保険の時代にみあった新しい教材ビデオの製作、これからの介護の主流となるといわれている『認知症』関係のビデオや、 ますます進む高齢社会に求められる「介護予防」に関するビデオ、障害者問題など、本格的な高齢社会の時代の要請に応える質の高い作品を鋭意製作して参りたいと考えています。


更に、私が、企画・プロデュース・監督しました、 映画「風の舞〜闇を拓く光の詩〜」「無名の人〜石井筆子の生涯」「あした天気になる?〜発達障がいのある人たちの生活記録〜新作映画「世界一すてきな僕たち私たちへ 響きあい 育ちあう 発達の芽は、おかげさまを持ちまして大変なご好評を頂き、全国的に大きな反響が拡がっています。

ピース・クリエイトでは、各種映像の製作・販売とともに「風の舞〜闇を拓く光の詩」・「無名の人〜石井筆子の生涯〜」「あした天気になる?〜発達障がいのある人たちの生活記録〜新作映画「世界一すてきな僕たち私たちへ 響きあい 育ちあう 発達の芽の上映のさらなる普及にも努めて参ります。
今後も、多くの方々の御支援・ご協力をいただけますよう心からお願い申し上げます。


ページ上へ